ホーム>甲南防疫スタッフブログ

甲南防疫スタッフブログ

虫よけ剤の効果

ここ数年のデング熱等の感染により、殺虫剤と同様虫よけ剤への関心が高まっているように思います。

虫よけ剤の効果を検証するテレビ番組もよく目にするようになりました。

そんな中、今年6月15日付け、厚生労働省が「高濃度の有効成分を含む製品の、製造・販売承認の迅速審査を行う」と発表しました。

現在日本で発売されている虫よけ剤では、ディート医薬品12%、防除用医薬部外品では10%以下、イカリジンは防除用医薬部外品で5%の濃度しか

承認されていませんが、現状のものより長時間の効果を実現するため、また海外では高濃度製品の販売もあることから、日本国内においても高濃度製品の

早期販売のための製造販売承認を迅速化しよう というものです。メーカーでは、既に開発が進んでいるようです。

ただし、一方で現在販売されているディートを有効成分とした商品について、特に子どもに対する使用に関し以下の注意点が示されています。

万一子供(12歳未満)に使用する場合には、保護者の指導監督のもとに以下の回数を目安に使用すること。

・6カ月未満は使用しないこと。

・6カ月以上2才未満は、1日1回

・2才以上12才未満は、1日1~3回

なお、顔には使用しないこと。

特に6ヶ月以上2歳未満の子どもに対しては、濃度の低いものを選ぶ方が賢明です。

 

 

 

ゴキブリ対策(西宮市内・厨房)

先日、クロゴキブリの駆除で伺った厨房でいつも通り生息確認を実施していました。

しかし、いくら探しても生きている個体を見つけることが出来ません。

厨房使用者の話の内容から相当数生息している事が確実なのですが、その日は1匹も見つけることが出来ませんでした。

粘着トラップを設置し、数日後に再訪。

設置して帰った粘着トラップにはクロゴキブリのが捕獲されていました。

特に捕獲数の多かった粘着トラップの付近を再捜索です。

そこは外に設置されたグリストラップに続く排水溝の出口でした。

さっそく外に出てグリストラップを確認すると、そこには無数のクロゴキブリの姿がありました。

すぐにクロゴキブリを駆除しグリストラップ清掃の段取りを行いました。

薬剤散布の効果を高める為には清掃との組み合わせが欠かせません。

殺虫剤の種類

薬局やホームセンターに行くと多種多様な殺虫剤が並べられていますよね。

そのひとつひとつを手に取り、どれを購入するか悩まれている方の姿をよく目にします。

字の通り「虫を殺す薬」なのでほとんどの殺虫剤は、ほとんどの虫を殺すことができます。

買う時のポイントの一つは、どのように使うかです。

例えば、蚊を駆除したい場合、室内で蚊取り線香を使うと煙くて人間も室内に居られなくなりますのでその場合にはスプレーを。

逆に、蚊が侵入しないようにということであれば、玄関先等でスプレーをしても効果が少ないので蚊取り線香を、ということです。

私が購入するなら2種類の殺虫剤を買います。

1つ目はスプレーのもので基準は値段や馴染みのものや第一印象です。

2つ目はリキッドのもので基準は値段や効果日数です。

要するに「すぐに効くもの」と「長く効くもの」の組み合わせで、後は値段や好みで決定しても市販薬の場合は大差がないように思います。

※殺虫剤はカブトムシやスズムシなどにも効くのはもちろん金魚やメダカなどの水生生物にも効くものが多いので使用上の注意をよく読み使用してください。

 

下記、殺虫剤の簡単な区分です。

蚊取り線香:ご存じ日本の夏の定番

スプレー:指で押すだけで噴霧できる手軽な殺虫剤

リキッド:ボトルに入って熱で蒸散させるタイプのものとワンプッシュで拡散させるスプレータイプのもの

 

マット:熱で蒸散させるものや吊るすだけで拡散させるもの

その他:虫を殺すほどの効果はないですが、網戸の網や衣類の生地に殺虫成分を含ませた物等も発売されています。

 

アシナガバチの駆除

今日は、西宮市内でアシナガバチの巣を駆除をしました。

まだまだ小さいです。

201661614223.jpg

2016616142237.jpg

チョウバエの駆除

ここ最近、ハチの駆除依頼の他ゴキブリ、ハエ、蚊、ヤスデ、ムカデ・・・と多様な害虫のご相談をいただきます。

カラス、ハト、そして、イタチと害鳥・害虫にお困りの方も多いようです。

今日は、西宮市内のとある施設内、チョウバエ駆除のご依頼です。

マンホールにパナプレートを設置しています。

 

201661515323.jpg

 

 

スズメバチの駆除

今日も、神戸市でスズメバチ駆除の依頼がありました。

ベランダ軒下に巣ができ、昨日は半円だったものが、今日見てみると丸くなっていた!ということでした。

でも、まだまだ小さい巣です。

201652716144.JPG

スズメバチの駆除

5月に入り、ちらほらとハチの駆除依頼をいただくようになりました。

こちらは、今年度最初のご依頼。

スズメバチが戸袋の中に巣を作っていました。

戸袋のスズメバチ.jpg

ネズミ駆除キット

ここのところ、「屋根裏で音がして困っています・・・。」とイタチやネズミのご相談を多くいただいています。

特にネズミの駆除については、建物のありとあらゆる隙間が侵入口となり得るため根本的な解決がしにくく

我々も頭を悩ませることの多い問題です。

ネズミへの対策としては、①捕獲、②忌避、③殺鼠の3つの方法があり、建物の構造等それぞれの状況に応じた資材を使って

駆除をするのですが、我々にお任せいただくと資材費に人件費に・・・と、どうしてもそれなりのコストがかかってしまいます。

そこでこの度、必要最低限の資材をセットにした『ネズミ駆除キット」の発売を始めました!

ご自身で駆除をされる、でも、どんな資材を買ってどう使えばよいかわからないという方、

ぜひ一度お問合せください♪

 

ネズミ駆除キット内容物.JPG

 

倉庫の管理基準

ご参考までに。

 

前回のブログ記事 倉庫の防鼠管理は、このような基準で行っています。

http://www.foodsafety.jp/6down/standard/2013Distribution_Center_JP.pdf

倉庫の防鼠(ぼうそ)管理

今日は、倉庫の防鼠管理を実施しました。月に1度定期的にお邪魔しています。

防鼠管理はラットトラップ等を用いて生息徴候を調査し、鼠の生息を未然に防ぐことを目的としています。

写真のラットトラップは一見段ボールのようですが表面は粘着質となっており、そこを鼠が通ると身動きが取れず「捕獲」となります。

今日の現場は飲食店等食品を扱う現場でもなく、港湾地区に所在し鼠にとっての外敵が多く存在しているため,、鼠の数自体が多くはありません。

よって、通常鼠の捕獲はあまりありませんが、鼠の糞等生息徴候を調査し発生を抑制し、報告書にまとめてお伝えしています。

20163913321.JPG

ページ上部へ