ホーム>甲南防疫スタッフブログ>ねずみの駆除
甲南防疫スタッフブログ

ねずみの駆除

本年最初お題は、寒くなるにつれてお問い合わせの増える「ねずみ」です。

弥生時代の高床式倉庫に「ねずみ返し」がつけられていることからもわかるように、ねずみと人間の生活とは

切っても切り離せない関係にあり、人間はその被害に悩まされ続けています。

それだけ、ねずみの防除は難しい のです。

その昔、ねずみといえばドブネズミで、毒エサ等で比較的容易に駆除ができたのですが、今は、従来の方法による防除が

困難なクマネズミが主流となっています。

防除方法として、

①環境的防除・・・ねずみが生息しにくい環境を整え維持していく方法

②化学的防除・・・毒エサ等薬剤を使用する方法

③物理的防除・・・トラップ等を使用して捕獲する方法

の3つが挙げられますが、クマネズミは非常に警戒心が強く、毒エサやトラップ等による防除があまり有効ではありません。

従って、現在のねずみ防除方法としては、①の環境的防除がベース、その補足として②、③の方法を用います。

IMG_0688  ←毒エサ

ねずみは、建物周囲のわずかなすき間を見つけて中に侵入しますので、まずは、ねずみがいる(いた)こと

の証拠であるラットサイン(糞・かじり跡等)とその侵入経路を丹念に探し、そのすき間を塞ぐ作業を行います。

                                           

それとあわせ、お客様には、ねずみのエサや巣材になりそうなものはきちんと収納し建物内外の整理整頓を徹底していただく

よう、お願いしています。

エサがなくなれば毒エサやトラップの効果が高まりますし、整理整頓により隠れ場所がなくなります。

ねずみによる被害の一般的なものは商品等が食べられてしまう食害ですが、

感染症を媒介したりダニによる皮膚炎という健康被害や、場合によっては電線ケーブルやガス管をかじり停電や火災を引き起こすこともあります。

 

ねずみの気配にお悩みの方、一度弊社にご相談ください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.konan-pca.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/11

ページ上部へ